JPYSC|日本パラオ青少年セーリングクラブ

日本パラオ青少年セーリングクラブ(JPYSC)は、日本とパラオ共和国の友好を元に海洋文化の普及と大切な海を守ることを目的に設立されました。詳しくは→こちらから

新着情報 —————

〈みらいへ〉再びパラオへ
日本パラオ青少年セーリングクラブ(JPYSC)が共同主催する「日本-パラオ親善ヨットレース」(2024/3/10横浜スタート)に帆船〈みらいへ〉が伴走することになっています。この航海で海洋政策研究所(OPRI)が展開する「国際海洋人材育成...
パラオ選手団来日 -2023年夏-
パラオから9人のOPセーラーが来日。横浜でヨットレースに参加しました。詳しくはこちら『2023年夏・OPディンギー活動報告』で。
第8回 JPYSC 定例報告会
第8回 一般社団法人 日本パラオ青少年セーリングクラブ定例報告会開催場所: 横浜ベイサイドマリーナ 及び ZOOMリモート開催日時:2023年06月03日 13時〜14時30分 参加者: YBM: 藤⽊・⾙道・浪川・飯沢・富岡・⾜⽴...

日パラ通信 再開しました。

「日本-パラオ親善ヨットレース 2019-2020」開催を契機に始まった「日パラ通信」。パラオのこと、横浜のこと、ヨットレースのこと、と盛り沢山。レース終了後はしばらくご無沙汰だったのですが、「日本-パラオ親善ヨットレース2024」の開催が決まり、こちら「日パラ通信」も再開されました。》》》》

往路に続き復路も〈Zero〉が制す!|2艇が沖縄にフィニッシュ
3月31日に遠くパラオをスタートした「パラオ-沖縄ヨットレース2024」。1,229海里(約2,276km)という長いレースを戦ってきた〈Zero〉(山田克弘オーナー)と〈1122トレッキー〉(新田 肇オーナー)の2艇が…
Day06(2024.4.05):明日にもフィニッシュか!? 気になる勝負の行方
3月31日にスタートした「パラオ-沖縄ヨットレース2024」も6日目を迎え、レースはいよいよ終盤の大詰めに入ってきました。〈1122トレッキー〉(新田 肇オーナー)、〈Zero〉(山田克弘オーナー)の両艇ともに、今日の…
Day03(2024.04.02):間もなくレースは後半戦へ。2艇は快調に北上中
3月31日にパラオ・コロール島沖をスタートし、1,229海里先の沖縄本島・与那原沖のフィニッシュラインを目指す〈Zero〉と〈1122トレッキー〉の2艇。スタートから3日目を迎えた今日4月2日も、快調なセーリングが続いて…

さらに読む→

タイトルとURLをコピーしました